社員紹介リレー 大関健太郎/制作を 営業の阿曽が語る

STAFF03 感情論を、正しく丁寧に、感情的に伝えてくれる。

EPISODE

突然ですが、みなさんは、仕事を探している時にどんな基準で選びますか?仕事内容はもちろんですが、勤務地だったり、給与だったり、制度だったり、いろいろな要素で選んでいるんだと思います。でもそういった、会社や仕事の“ハード”の部分だけでは、なかなか特徴や魅力の差別化が出来ないのが現実です。求人広告を扱う僕たちの仕事の、面白くも悩ましい部分ですね。だから、企業の担当者や社長の方々の想いや熱意、職場の雰囲気を伝えることで違いを生み出していくことが必要なんです!…と、言ってもこれがなかなか難しい。

とくに僕の場合は、「大好きな居酒屋さんだから、なんとかしてあげたい!」とか、「なんか、めっちゃ社長のオーラがいい!」とか、「おれも働きたいくらいヤバイ!」とか…感情論が先行してしまって、具体的な言葉にならないことが多いです。そこでいつも頼っているのが、原稿を作成する制作部の大関さん。僕が伝えるバラバラで抽象的な情報を、“誰になにを言うのか?”をしっかり押さえ、ひとつひとつ丁寧にパズルのように組み立ててくれる。もちろん、機械的に当てはめるのではなく、出来上がった原稿には、しっかりとその会社の言葉として、ぬくもりが乗っているんです。

大関さんが作ってくれた原稿で、“営業力”だけでは解決できない案件も、なんども採用成功に導けました。会社の部署を超えたところに、僕にはない能力を持った頼れる存在がいる。そんな環境は、ありがたいし、幸せなことだと思います。そして、何よりワクワクできる!ちなみに、大関さんの実家は焼き鳥屋さんなのですが、「豚しそロール」が絶品です。なんというか、アレはまじでヤバイですね。

いますぐエントリー!

中途採用は随時受付中!新卒情報はリンク先のリクナビをご確認ください。

中途採用ENTRY
新卒採用ENTRY