INTERVIEW既婚者の活躍(ママ)

家庭を持ちながら働くために必要なのは、待遇や制度だけではありません。
“パパ”や“ママ”にやさしい風土と文化の中で活躍する、先輩社員をご紹介します。

川内律子

PROFILE

川内律子

川内律子2006年入社 営業

2013~2014年に産休・育休を取得。復職後は新規エリアサービスの立ち上げなどにも携わる。2015年度には、時短という勤務体系でありながら数あるリクルート代理店の中で最も優秀な営業として「年間MVP」にも輝いた。現在は大手顧客チームの一員として“営業”と“母親”を両立する日々。3歳の息子が保育園で覚えてきた歌を一緒に歌って遊ぶのが日課だが、最近では子どもが自分の真似をしてくるようになり、スイカを一緒に食べている時には「タネはぺーしなきゃだめでしょ」と逆しつけ(?)を受けることも。

1人で抱え込まなくていいから、“営業”も“母親”も続けていられる。

秋田秋田

今お子さんっておいくつになったんでしたっけ?

川内川内

もう3歳。早いよね~。産休取ったのがもう3年以上前ってことだもん。

大迫大迫

アド・イーグルには川内さん以外にも産休・育休を取得されている先輩方が何名かいらっしゃいますけど…。ぶっちゃけ、はじめって「(産休・育休を)取りづらい空気」とかあったりしたんですか?

川内川内

全然そういうのはなかったよ。もちろん、担当しているお客様に「お休みをいただきます」って連絡をしたり、他の営業に引き継ぎをしなきゃいけなかったりっていう大変さはあったけどね。私の場合は先輩が直前に産休に入っていたのもあったし、産休に入るってなった時には皆が祝ってくれてすごく嬉しかったなぁ。

秋田秋田

うちの会社は、みんなお祝い大好きですもんね(笑)ちなみに復職する時はどんな感じだったんですか?

川内川内

社内の状況が今どうなっているのかとか、いきなり戻って自分の居場所が本当にあるのかとか…実は結構不安もあったんだ。1年のブランクって想像してる以上に大きいからね。でも、いざ出社してみたらみんな温かく迎え入れてくれたし、会社としてもいきなり“営業の最前線”に戻すんじゃなく、まずは“教育担当”としての業務から任せてくれて。職場に戻ってきやすいように工夫もしてくれたんだよ。

大迫大迫

なるほど~。そういうエピソードを聞くと女性としてはやっぱり嬉しいですね。

川内川内

会社の制度として「産休・育休ありますよ」ってだけじゃなくて、“女性の働きやすい環境”を、社長をはじめ会社のみんながつくってくれてるってことだからね。それは母になる身としてすごく安心感があったし、だからこそ復職もしやすかった。

秋田秋田

産休・育休を終えて復職されてからは、今のような時短勤務ですか?

川内川内

うん。16:30までだね。“仕事”と“母親”にメリハリをつけやすいからすごく助かってる。

大迫大迫

でも、その時間帯だとお客様から連絡が入ることもありますよね?そういう時ってどうしてるんですか?

川内川内

もちろん対応できるときはするし、他の営業や内勤さんの助けがあってこそだけど、実は、担当しているお客様の中にも、子育てへ理解を持ってくださってる方がすごく多いんだ。普通はその日のうちに返事をしなきゃいけないような内容の連絡でも、次の日の朝まで返事を待ってくださったり、時間ができて夜にお電話を差し上げたりすると「わざわざ遅い時間にすみません」って気を使ってくださったり。

秋田秋田

へ~初めて知りました!お客様からのそんなお気遣いもあるんですね!

川内川内

会社や一緒に働く仲間だけじゃなくて、お客様からもそうやって支えていただいて。本当にありがたいなぁと思ってる。営業の仕事っていろんなことを一人で抱え込むものだと思われがちだけど、アド・イーグルってそうじゃなくて、困ったときはみんなが助けてくれる会社なんだよね。だからこそ、私も今こうして“営業”と“母親”をずっと両立してこられたわけだから。

いますぐエントリー!

中途採用は随時受付中!新卒情報はリンク先のリクナビをご確認ください。

中途採用ENTRY
新卒採用ENTRY